VOICES

社員紹介

どんな時でも相手の立場に立ち、
笑顔でのコミュニケーションがモットー。

土木部 / 2020年入社

田中 孔海

TANAKA KOUMI

静岡県出身。経営学部を専攻し、就職先は「ものづくり」に関わる地元企業を志望。会社説明会で、水野社長が自ら建設業の魅力や水野組の社風などを説明したことや、先輩の気さくさに距離の近さを感じ、一緒に働きたいと思い入社を決意。文系出身で専門知識もなかったが、社会貢献できる仕事に力を注ぎたいと日々努力を続ける。

新築戸建ての下水管の配管工事と、ディーラーの新築現場を並行して担当しています。下水管の現場では、周辺住民への連絡や、工事に伴う車道や駐車場などの調整、作業員への指示などを行っています。とにかく専門用語がわからず苦労していますが、わからない言葉はメモに残し、現場の人や先輩、上司にすぐに聞いて教えてもらっています。
ディーラーの現場では、先輩のもとで測量もやらせてもらっています。この測量機の扱いが難しいんです。ただ先輩が丁寧に教えてくれますし、「失敗しても大丈夫!」と言ってもらえるので、思い切ってチャンレジできることがありがたいです。

この仕事で一番大事なことは、コミュニケーションです。社内はもちろん、現場の作業員、また施工現場周辺の住民の方とも、話し合い、理解し合うことが重要です。時に住民の方から「音がうるさい」「まだ終わらないのか」など言われることもありますが、どんな時でも笑顔で丁寧に受け答えをすることを心がけています。

あらゆる経験が自分の成長に繋がっていることにやりがいを感じ始めています。とにかく学びの毎日ですが、いつか自分で現場を回せるようになることが目標!ひたすら努力あるのみだと思っています。

若手のうちから多くの経験が積める。
転勤がなく生活基盤が安定している点も魅力です

建築部 / 2011年入社

石川 雅貴

ISHIKAWA MASATAKA

静岡県出身。目に見えるもの、形に残るものを造りたいと、大学では建築学を専攻。就職先は転勤のないゼネコンを希望。入社以来、公民館や消防署をはじめ、民間の工場など、官民にわたる幅広い現場で施工管理を担当。公共工事では、監理技術者として名前を出しての仕事も担当。穏やかな性格で職人たちからの信頼が厚い。

入社以来、官民のさまざまな建築現場で施工管理を経験してきました。当社の現場は、ひとりですべてを回せる規模のものが多く、工程作成から現場作業員の調整、資材調達、現場での指示、工程管理など多くの経験を積むことが可能です。直近では、こども園の増築工事を担当。園児がいる中で工事を進めなければならず、大型車両の出入りをはじめ、子どもたちの安全を第一に、他の現場以上に気を遣いました。特に騒音に関しては、保育に支障をきたさないよう進めるために、園と情報共有を密にしたことで、滞りなく竣工を迎えられました。

これまで多くの現場に関わってきましたが、やはり竣工時の感動と達成感は、何度経験しても変わりません。今は、後輩の育成も任されていますが、やはりこの達成感を味わってほしいのと、仕事の楽しさを感じてほしいので、ひとりで悩みを抱えることのないよう、疑問点があればどんなことでも相談できる雰囲気づくりを大切にしています。この仕事は、コミュニケーション力が重要です。技術や知識は入社後、研修も充実していますし、先輩も教えてくれるので、次第に身に付けられます。だからこそ、人と話をすることが好きな人に仲間になってほしいですね。

“地域のホームドクター”として
地元で愛され支持される企業であり続けたい。

代表取締役社長

水野 敦夫

MIZUNO ATSUO

水野組の2代目社長。地元密着総合ゼネコンとして、社会インフラの構築などの土木工事、工場などの建築工事、地域の生活、経済活動に必要不可欠な事業に取り組む。特に頻発する自然災害に対しても、地域の安全と安心の担い手として、確かな『技術力』『即応力』で、地域に必要とされる建設事業を推進していきたいと考えている。

静岡県西部を中心に、地域社会に貢献する総合ゼネコンとして、昭和36年に創業。創業以来「お客様の信頼を得る誠実な施工に努める」を経営理念に掲げ、確かな技術力と長年にわたって築き上げてきた信頼関係により、地域に愛される企業であると自負しています。

2020年は世の中が激変しました。この業界でも新たに、リモートによる遠隔検査の試行方針が策定されるなど、常に環境は変化しております。しかし当社はどのような環境になろうとも、現場第一主義を貫き、これまでと変わることなく誠実な施工に取り組んでいます。一方で、働き方改革の重要性も加速化しています。これまで以上にICTなどを活用して作業効率の向上を図ることで、労働時間の短縮にも力を入れていきます。

我々が行っている事業は、地域の安全・安心な生活のために欠かせないものです。重責を担うと同時に、どのような世の中になろうとも必要とされる仕事ゆえ、やりがいを感じてもらえると思います。文系、理系、関係なく誠実でやる気があれば、技術や知識を研修や現場で習得することができます。業務に必要な資格は会社が全面的にサポートします。水野組にはやりがいのある仕事ができる環境が整っています。

PAGE TOP